<尖閣問題>台湾当局が公海で日本漁船を初検査、関係者「いい気分」―台湾メディア

<尖閣問題>台湾当局が公海で日本漁船を初検査、関係者「いい気分」―台湾メディア
5日、尖閣諸島海域の公海で2日、台湾海岸巡防署の巡視船が日本漁船に対し、乗船検査を実施したことが分かった。資料写真。(Record China)
2013年7月5日、台湾・聯合報によると、尖閣諸島海域の公海で2日、台湾海岸巡防署(海巡署)の巡視船が日本漁船に対し、乗船検査を実施した。環球時報(電子版)が伝えた。

検査が行われたのは台湾最南端から東南576カイリの公海上。海巡署の巡視船「巡護8号」の検査官が、操業中の日本漁船「Miemaru3号」に乗船し、違法行為の有無を調べたという。同署によると、日本漁船への乗船検査は初めて。

海巡署は2年前にも日本漁船への乗船検査を試みたものの、台湾漁業署にストップをかけられたという。今回の検査実現に海巡署関係者は個人的な意見と断ったうえで、「いい気分だ」と話したという。

一方、漁業署は検査前、日本の関係部署と実施についてすり合わせ済み。今回は日本側とやり取りしながら状況を確認しているとした。(翻訳・編集/AA)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 尖閣諸島 中国
レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年7月5日の中国記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュース

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。