パラキシレン工場で爆発、死傷者はなし―福建省

パラキシレン工場で爆発、死傷者はなし―福建省
30日、福建省のパラキシレン工場で火災が発生した。死傷者は出ていない。(Record China)
2013年7月30日、福建省●州市(●=さんずいに「章」)のパラキシレン工場で火災が発生した。死傷者は出ていない。人民日報が伝えた。

【その他の写真】

30日午前4時35分(日本時間同5時35分)、福建省●州市古雷のパラキシレン工場で、稼働していないハイドロクラックのパイプに水素を注入して耐圧テストをしていたところ、溶接の継ぎ目にひびが入り、燃え上がった。火はすぐに消し止められ、現場で死傷者は出なかった。設備にも大きな損傷はなく、パラキシレンも漏れ出ていないという。現在、原因の調査と復旧作業が進められている。

パラキシレンは石油精製の過程で製造される中間原料で、中国では「有毒物質」としての認知度が高い。2012年10月には浙江省寧波市で、市政府が推し進める「パラキシレン製造プロジェクト」に反発した市民がデモを行い、市政府にプロジェクトの完全撤回を決定させた。パラキシレン製造施設をめぐっては、過去に雲南省昆明市や遼寧省大連市など、中国各地でデモが起きている。(翻訳・編集/北田)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年7月30日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。