タクシー運転手暴行の日系タレント・Makiyoへバラの花束?贈り主に「女選びは慎重に」の声―台湾

タクシー運転手暴行の日系タレント・Makiyoへバラの花束?贈り主に「女選びは慎重に」の声―台湾
13日、日台ハーフの女性タレント・Makiyoが、旧暦の七夕に合わせて自身のミニブログでバラの花束写真を公開した。コメント欄には、彼女にこの花束を贈った男性に対し「気を付けろ!」と警告するような投稿が寄せられている。写真はMakiyo。(Record China)
2013年8月13日、日台ハーフの女性タレント・Makiyo(川島茉樹代)が、旧暦の七夕に合わせて自身のミニブログでバラの花束写真を公開した。コメント欄には、彼女にこの花束を贈った男性に対し「気を付けろ!」と警告するような投稿が寄せられている。NOWnewsが伝えた。

バラエティ番組などで活躍していたMakiyoは昨年2月、台北市でタクシー運転手を暴行する事件を起こし、現地社会を震撼させた。当時、泥酔していたとされるMakiyoと知人の日本人男性が、乗っていたタクシー運転手を路上に引きずり出して殴る蹴るの暴行を加えたという内容だった。Makiyoにはその後、懲役10カ月(執行猶予3年)の判決が下り、活動を自粛していたが、今年はじめから企業パーティーやクラブでのステージなどで復帰の兆しを見せている。

旧暦の七夕にあたる今月13日は、中国語圏ではもうひとつのバレンタインデーと位置づけられているが、Makiyoはこの日、自身のミニブログに100本はあると思われる青いバラの花束の写真を投稿した。台湾現地では彼女に反感を覚える人がまだまだ多く、この写真に対しても「(彼女にこれを)贈ったヤツ、気を付けろよ!女は慎重に選べ」と警戒を訴えるコメントも寄せられている。

もともとギャル系だったMakiyoは事件直後、ボランティア活動に積極的に参加し、すっぴんに近いナチュラルメイクにシフトしていた。しかし最近は、事件前と同じような濃厚メイクが復活。これも台湾のネットユーザーを刺激する原因の一つだ。

今年1月、マレーシアのクラブで歌手としてステージに立ったのをきっかけに、現在は中国各地のクラブを回る生活。出演料は1回につき1万ドル(約98万円)と、かなりの高額だとも伝えられており、年末には映画復帰も予定しているという。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年8月14日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら