二丁目のタクヤさん、人気バラエティー出演に賛否両論―台湾

二丁目のタクヤさん、人気バラエティー出演に賛否両論―台湾
29日、中華圏で話題の人となっている新宿二丁目ゲイバーのママ・タクヤさんがこのほど台湾を訪問し、現地の人気バラエティー番組に出演。視聴者の間からは賛否両論の声が聞かれている。(Record China)
2013年8月29日、中華圏で話題の人となっている新宿二丁目ゲイバーのママ・タクヤさんがこのほど台湾を訪問し、現地の人気バラエティー番組に出演。視聴者の間からは賛否両論の声が聞かれている。聯合報が伝えた。

中華圏で大ブレークするきっかけとなったのは、日本の有料チャンネルの深夜番組でAV男優を相手に、完成までに20年かかったという“秘技”を披露したことによる。この動画が台湾のネット上で注目され、話題は中華圏に飛び火した。「拓也哥」(タクヤ兄さん)の愛称で呼ばれるようになり、その人気からこのほど台湾を訪問。続いて香港入りし、中国にも足を運ぶ予定となっている。

そのタクヤさんが、台湾滞在中に人気バラエティー番組「康熙来了」に出演。彼を知らなかった視聴者からは、“秘技”が何たるかを番組で知り、「製作側の品性を疑う」と批判の声も聞かれる。番組は夜10時台の放送枠だが見ている子供も多く、「子供に“秘技”が何か聞かれたら、どう説明しろというのか」と保護者からも反発の意見が上がっている。その“秘技”が特殊すぎるため、日本でも有名とは言えないタクヤさんだが、「そういう人でも台湾に来たらアイドルになれるのか?台湾も終わったな」「メディアの過熱報道を見ていると、台湾は病気だ」「まさに『病膏肓に入る』だ」といった批判も上がっている。

これに対し、支持派の意見としては、「康熙来了」は収録番組なので、目を覆うような場面はなかったとしている。さらに、タクヤさん本人が誠実に対応し、台湾トップ司会者のツァイ・カンヨン(蔡康永)がきわどい話題をうまく回避していたので、批判材料はそれほど見られなかったとしている。

安定した視聴率を獲得し、老舗バラエティー番組として人気の「康熙来了」。タクヤさん訪台時には、唯一の出演番組となった。話題の人物とはいえ、その背景がかなり微妙だったこともあり、視聴率自体は大きな伸びを見せず、通常と同じレベルの数字を示している。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年8月30日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら