イスラエル人とパレスチナ人の赤ん坊取り違え事件扱った映画が東京で特別上映会、両駐日大使が固い握手

イスラエル人とパレスチナ人の赤ん坊取り違え事件扱った映画が東京で特別上映会、両駐日大使が固い握手
28日、イスラエル人とパレスチナ人の子供が病院で取り違えられた事件と、その家族の葛藤を描く映画「もうひとりの息子」の特別上映会が東京で催された。写真は左からイスラエルのルツ・カハノフ大使、パレスチナのワリード・アリ・シアム大使、ロレーヌ・レヴィ監督。(Record China)
2013年9月28日、イスラエル人とパレスチナ人の子供が病院で取り違えられた事件と、その家族の葛藤を描く映画「もうひとりの息子」の特別上映会が東京で催された。世界に停戦と非暴力を呼びかける「国際平和デー」(同21日)を記念したもので、来日して上映会に出席したロレーヌ・レヴィ監督は「家族とは何か。答えを出すのではなく、問いかける作品」と語った。

【その他の写真】

イスラエルのユダヤ人家族と、パレスチナ自治区のアラブ人家族に焦点を当てた同作。1991年の湾岸戦争時、ミサイル攻撃で病院が被害を受け、双方の赤ん坊が取り違えられた。18歳になった2人は事実を知らされて衝撃を受け、両親や兄弟にも戸惑いが広がる。民族、宗教、戦争を背景に、家族が葛藤を経て共存の道を模索する物語だ。同作は昨年の第25回東京国際映画祭でグランプリ、監督賞を獲得した。

フランス人として難しいテーマに取り組んだレヴィ監督。「私に語る資格はあるのか、と不安があった。しかし、現地で長い時間を過ごし、イスラエルとパレスチナ双方の家族にたくさん会った。撮影スタッフも混成チーム。彼らに多くのことを考えさせられ、さまざまななことを注入してもらった。全員で撮った作品だと思う」と振り返った。

また、この日はパレスチナのワリード・アリ・シアム、イスラエルのルツ・カハノフの両駐日大使も出席。シアム大使は「(パレスチナ自治区の)壁の向こうの生活は、とても厳しいと伝えたい。私たちは20年間平和について語ってきたが、今後は素早い行動が必要だ。隣国イスラエルと平和な共存ができると思う」と述べた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年9月30日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら