中国外交部「日本は侵略の歴史を直視して真摯に反省すべき」―中国メディア

中国外交部「日本は侵略の歴史を直視して真摯に反省すべき」―中国メディア
17日、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で、「日本が侵略の歴史を直視して真摯に反省し、中国などアジアの被害国の国民感情を尊重して、関連する問題を適切に処理するよう求める」と述べた。写真は靖国神社。(Record China)
2013年10月17日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、「日本が侵略の歴史を直視して真摯に反省し、中国などアジアの被害国の国民感情を尊重して、関連する問題を適切に処理するよう求める」と述べた。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

この発言は、「日本の安倍晋三首相は靖国神社の秋季例大祭での参拝を断念したものの、供物を奉納した。これについて中国はどのように見ているのか」との記者からの質問に回答したもの。

華報道官は、「中国は靖国神社問題における立場と態度をこれまでに何度も表明している。われわれは日本が侵略の歴史を直視して真摯に反省し、中国などアジアの被害国の国民感情を尊重して、関連する問題を適切に処理するよう再度求める」と述べた。(翻訳・編集/碧海)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年10月18日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。