リュック・ベッソン監督、メディアの傍若無人ぶりに激怒=ロケ切り上げも―台湾

リュック・ベッソン監督、メディアの傍若無人ぶりに激怒=ロケ切り上げも―台湾
27日、リュック・ベッソン監督の最新作「Lucy(原題)」の台湾ロケで、地元メディアの執拗な写真撮影に監督が激怒。ロケの予定を前倒しして終了することも報じられ、台北市長までメディアに警告を発する騒ぎとなっている。(Record China)
2013年10月27日、リュック・ベッソン監督の最新作「Lucy(原題)」の台湾ロケで、地元メディアの執拗な写真撮影に監督が激怒。ロケの予定を前倒しして終了することも報じられ、台北市長までメディアに警告を発する騒ぎとなっている。聯合報が伝えた。

映画「レオン」などで知られるリュック・ベッソン監督の最新作「Lucy」は現在、台湾・台北市で撮影中。ロケ現場には、ヒロインを演じる米女優スカーレット・ヨハンソンの姿などを狙い、地元メディアが連日、大挙して押しかけている。聯合報によると、今月21日から市内の高級ホテル付近で撮影が行われていたが、取材カメラがずっと張り付いてベストショットを狙い、彼らが乗って来た車が違法駐車されたことで、通行する車や付近住民との間にトラブルが生じるなど、騒ぎが収まらなかった。これに業を煮やしたベッソン監督が、今月31日までだった予定を早めに切り上げると言い出し、事態がさらに混乱。しかしその後、撮影チームによると、予定どおり進められることが決まったという。

この騒動について27日、台北市のハオ・ロンビン(●龍斌/●は赤におおざと)市長まで緊急会見を開き、メディアに自制を求めるコメントを発表している。今回は日本やシンガポールなどの候補地の中から、台湾がロケ先に選ばれたと言われる。人気監督の話題作で観光促進も期待できるため、台湾の期待度は大きい。また、マーティン・スコセッシ監督も最新作「Silence」で台湾ロケを行うと発表しているため、今回の騒動が大きな影響を及ぼさないようにと、台湾側の緊張した態度がよく分かる。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年10月28日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら