中国の国有企業幹部、身分を偽りマカオでカジノ―英メディア

中国の国有企業幹部、身分を偽りマカオでカジノ―英メディア
5日、環球時報は、英ロイター社の4日付記事を引用し、中国政府による汚職取り締まり強化にもかかわらずマカオの賭博業収入は増加していると報じた。写真はマカオの高級ホテル。(Record China)
2013年11月5日、環球時報は、英ロイター社の4日付記事を引用し、中国政府による汚職取り締まり強化にもかかわらずマカオの賭博業収入は増加していると報じた。

【その他の写真】

マカオではカジノのVIPルームで中国経済界の大物や政府高官の姿がこれまでいくたびも目撃されてきた。しかし中国政府が汚職取り締まりを強化したことで、その数は徐々に減少している。マカオ政府が発表した統計によると、かつて賭博業収入の7割がこうした超VIP層によるものだったが、今年第3四半期は65%と2006年以降で最も低い数字となった。

今年のマカオの賭博業収入は前年比16%増で、440億ドル(約4兆3120億円)に達する見込みだ。これはラスベガスの昨年の収入の7倍に相当する。超VIP層は減少したものの一般観光客の消費意欲がけん引したものと言える。

しかし、カジノディーラーによれば、中国本土の国有企業関係者の一部も賭博を行っているという。中国政府による監視は強まっているが、国有企業のそれほど役職の高くない職員が身分を偽って賭博場を訪れても見分けるのは難しい、とカジノ業界幹部は取材に答えた。また、カジノを訪れることなく、電話で指示を出して賭博に参加する人もいるという。

近ごろVIPルームを利用するのは民間企業の経営者が多く、政府高官や経済界の大物ではなくなっているようだ。VIPルーム利用者に占める政府高官の割合は3年前の30%から現在は3%まで減少しているとみられる。(翻訳・編集/NY)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年11月7日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。