「ドラッグ・ウォー 毒戦」ジョニー・トー、初の中国アクション大作=大規模麻薬取引の裏

「ドラッグ・ウォー 毒戦」ジョニー・トー、初の中国アクション大作=大規模麻薬取引の裏
9日、中国大規模麻薬取引の闇を描く「ドラッグ・ウォー 毒戦」が間もなく公開される。作品写真:(C)2012 Beijing Hairun Pictures Co.,Ltd.All Rights Reserved(Record China)
2014年1月9日、中国大規模麻薬取引の闇を描く「ドラッグ・ウォー 毒戦」が11日に公開されることが分かった。“香港ノワール”の顔、ジョニー・トー(杜[王其]峰)監督が、中国本土で初めて撮った犯罪アクション大作だ。

【その他の写真】

中国・津海。コカイン製造工場で爆発事故が起き、香港人のテンミン(ルイス・クー、古天楽)が車で逃亡。途中で衝突事故を起こし、病院に運ばれる。公安警察の麻薬捜査官・ジャン(スン・ホンレイ、孫紅雷)は、テンミンが麻薬取引にかかわっていると判断。テンミンを利用し、犯罪組織に大規模な架空取引を仕掛ける。

主な舞台は原料供給地の●江(●=奥の上部と号の下部)と、完成した麻薬の積み出し港となる津海。2カ所の警察は合同捜査チームを組み、潜入捜査で組織壊滅を試みる。ジャンは捜査の過程で、組織が韓国、日本の裏社会と連携していると知る。

さらに、テンミンの部下の麻薬工場に踏み込んだ際、警察側は予想外の反撃を受け、多くの死傷者が出る。いぶかしんだジャンが追求すると、テンミンは「本当の黒幕は“香港の七人衆”だ」と話し始める──。

「ザ・ミッション 非情の掟」(99)、「エレクション」(05)、「エグザイル 絆」(06)など、香港を舞台に数々の傑作犯罪映画を生んだトー監督。今回は常連俳優ルイス・クーに加え、中国を代表する演技派の1人、スン・ホンレイを起用した。

●江から津海へ。いずれも架空の都市だが、●江は中国南部の珠海、津海は北東部の天津を思わせる。文字通り中国を縦断する大規模摘発作戦だ。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年1月10日の韓流記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。