インドの“仰天”教科書に、「海賊版に違いない!」「中国よりひどい」―中国版ツイッター

インドの“仰天”教科書に、「海賊版に違いない!」「中国よりひどい」―中国版ツイッター
27日、英BBCによると、インド北西部グジャラート州の中学校で使用されている英語で書かれた社会科の教科書の中に、多数の誤った内容があったことが発覚した。中国ネットユーザーも注目している。写真は長崎の平和公園。(Record China)
2014年2月27日、英BBCによると、インド北西部グジャラート州の中学校で使用されている英語で書かれた社会科の教科書の中に、多数の誤った内容があったことが発覚した。

【その他の写真】

この124ページの教科書の中には、誤植等を合わせると150以上の誤りがあるという。中でも驚くべきは、「第2次世界大戦中に、日本が米国に原爆を投下した」という内容である。さらには、自国の英雄であるはずのマハトマ・ガンジーが暗殺された日付も、「1948年10月30日」(実際は1948年1月30日)と表記され、CO2(二酸化炭素)とCO3(三酸化炭素)も混同しているという。

このお粗末すぎる教科書について、中国版ツイッターには多数のコメントが寄せられている。以下はその一部。

「低俗な海賊版に違いない」
「これはさすがに中国よりもひどい」

「ネットの掲示板を参考に修正したんじゃない?」
「日本に親日国と呼ばれているインドの教科書がこれでは、日本人は傷つくだろうな」

「インドの教科書普及率はかなり低いのだから、誤りがあるのも仕方ない」
「英語で書かれていたことが幸いしたな。インドの文字だったらどんなにひどくても発見するのが難しい」

「中国の歴史書はどうなんだ?」
「私たちだってそうかもしれない。公金で飲み食いして、出勤すればおしゃべりばかりし、定時で帰宅するようなやつが本を編集している。どうして良い本が生まれるだろうか?」(翻訳・編集/北田)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年2月27日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。