タイ正月祭りの期間を13県で拡大すると発表―政府観光庁

タイ正月祭りの期間を13県で拡大すると発表―政府観光庁
13日、今年4月13日から15日にかけて行われるタイ正月(ソンクラーン)祭りで、タイ政府観光庁は特に13県を選んで、外国人観光客向けに祭りの期間を拡大すると発表した。(Record China)
2014年3月13日、タイメディアによると、今年4月13日から15日にかけて行われるタイ正月(ソンクラーン)祭りで、タイ政府観光庁は特に13県を選んで、外国人観光客向けに祭りの期間を拡大すると発表した。2000万バーツ(約6000万円)の予算をかけて数々のイベントを企画するという。

【その他の写真】

対象になる県は、バンコク、チェンマイ、スコータイ、チョンブリ、スパンブリー、アユタヤ、ナコンパノム、コンケーン、ノンカーイ、ハジャイ、ナコン・シータマラート、サムット・プラカーン。中でも観光客が多く集まるバンコク、チェンマイ、コンケーンとチョンブリについては、この独特で伝統的なイベントを強くアピールするとしている。

期間中には、寺院めぐりや伝統的ソンクラーンの体験ツアーを企画。また、カンチャナブリー県サンクラブリー地区などに残る、タイ文化とは違うモン族のソンクラーン祭りも同様に紹介したい考えだ。

近年、ソンクラーン期間中には、飲酒運転による交通事故や、車やバイクへの水かけによる事故の他、性に関する犯罪も増加するため、当局では毎年対策に苦慮している。昨年は、車を使った水かけを規制する動きもあったが、各方面からの強い反対で取り下げられた経緯がある。(提供/Global News Asia・翻訳/編集:そむちゃい吉田)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年3月17日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。