<サッカー>韓国メディア、ACLの組み合わせに不満タラタラ=「不思議なことに、韓国勢同士の対戦となった」

<サッカー>韓国メディア、ACLの組み合わせに不満タラタラ=「不思議なことに、韓国勢同士の対戦となった」
28日、騰訊体育によると、サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝の組み合わせ抽選の結果に、韓国メディアが不満を露わにしている。写真は広州恒大。(Record China)
2014年5月28日、騰訊体育によると、サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝の組み合わせ抽選の結果に、韓国メディアが不満を露わにしている。

【その他の写真】

抽選の結果、東地区では広州恒大(中国)とウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)、FCソウル(韓国)と浦項スティーラーズ(韓国)の対戦が決定。西地区では、アル・ヒラル(サウジアラビア)とアル・サッド(カタール)、アル・アイン(UAE)とアル・イテハド(サウジアラビア)の対戦が決まった。東地区と西地区のチームは決勝まで対戦しない。

韓国メディアは「不思議なことに、韓国勢同士の対戦となった。2チームのうち、1チームしかベスト4に進めない」と不満を示し、「一方で、広州恒大は“最も実力が劣ると思われる”相手を引き当てた」と指摘した。多くのメディアは、ここまで韓国勢同士のつぶし合いが多発している原因は、今大会から導入された東西2地区制にあるとしている。

一方で、強気な物言いと、過去の輝かしい戦績で自己を慰めることは忘れておらず、「Kリーグのチームはここまで5大会連続で決勝に進出し、そのうち3度優勝している。今大会では数々の“身内でのつぶし合い”に遭っているが、ベスト4に1チームは必ず進出でき、優勝の可能性が残っている。そう考えれば、悪い結果ではない」としている。(翻訳・編集/北田)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表
レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年5月29日の中国記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。