「日本で老人に席を譲ろうとしたら、思わぬことに…」、中国専門家が見た日本人の特徴は「弱者を見下す」こと

「日本で老人に席を譲ろうとしたら、思わぬことに…」、中国専門家が見た日本人の特徴は「弱者を見下す」こと
22日、環球時報は、人民日報甘粛支社社長で、蘭州大学マスメディア学院院長の林治波氏の「中国人は弱者を思いやり、日本人は強者を崇拝する」と題した文章を掲載した。写真はバスの老人。(Record China)
2014年7月22日、環球時報は、人民日報甘粛支社社長で、蘭州大学マスメディア学院院長の林治波(リン・ジーボー)氏の「中国人は弱者を思いやり、日本人は強者を崇拝する」と題した文章を掲載した。以下はその概要。

【その他の写真】

日本の京都を訪れたことのある中国人は、中国の古都にいるような錯覚に陥る。建築から街道、古跡、文字、景色、通行人の表情や服装に至るまで、すべてに親近感を覚える。このような感覚は、日本と中国の距離を近づけるものだ。たとえ日本による侵略を受けたとしても、多くの中国人は依然として日本に善意の期待を持っているのだ。

しかし、日本への理解が深まると、日本と中国が似ているのは外見だけであり、両国は本質的に違うということがわかる。

1987年に日本を訪れたときのある小さな出来事が深く印象に残っている。バスに乗っていたとき、足元のおぼつかない老人がそばに立ったことに気付いた私は、すぐに立ち上がり席を譲った。しかし、思わぬことにこの老人は私に礼を言わなかったばかりか、顔に怒りの表情を浮かべて座ることを拒んだ。

私は後になって、これは日中の文化の本質的な違いであると気付いた。中国人は弱者を思いやり、年寄りや子どもの手を引くことは義務であり、美徳だと考えている。一方、日本人は強者を崇拝し、弱者を見下す。老人に席を譲る行為は相手を弱者の地位に置くことになり、老人が不快に思うこともおかしなことではないのだ。この出来事は些細なことだが、そこから日中両国の価値観の違いがはっきりと見て取れる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年7月22日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。