第27回東京国際映画祭、初特集の庵野秀明監督、海外発信に意欲―アジア作品も拡充へ

第27回東京国際映画祭、初特集の庵野秀明監督、海外発信に意欲―アジア作品も拡充へ
26日、第27回東京国際映画祭(2014年10月23~31日)の記者会見が東京・六本木で開かれ、初の大規模特集上映「庵野秀明の世界」の庵野秀明監督が参加した。(Record China)
2014年8月26日、第27回東京国際映画祭(2014年10月23~31日)の記者会見が東京・六本木で開かれ、初の大規模特集上映「庵野秀明の世界」の庵野秀明監督が参加した。「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズなどで人気の庵野監督は、海外への作品の発信について「いずれ世界の人と手を組み、作品を作るようになると思う」と意欲を語った。

【その他の写真】

「庵野秀明の世界」のラインアップは、アニメや実写作品などテレビ、劇場公開作のほか、学生時代に自主制作した短編、CM(コマーシャル・フィルム)、PV(プロモーション・ビデオ)など計42作品。大スクリーンで一挙に見られる貴重な機会になりそうだ。

記者会見で庵野監督は「あまり自分の作品を見直さないので、何十年ぶりに見たものもある。結構面白いもの作ってるな、と(笑)。根っこは変わってないですね」と語った。大学時代に作ったウルトラマン作品は「本当に世の中に出ていない。スクリーンの大画面でやるのは感慨深い」と話した。

大ヒット作品「新世紀エヴァンゲリオン」は劇場版に加え、TVシリーズも全話劇場で上映する。通して見たという庵野監督は「おかしかった。異常という意味で。最初はまともなロボットアニメをやっているのに、だんだんおかしくなっていった。若かった。作品はどれも忘れがたいが、やはりエヴァンゲリオン」と語った。

さらに、特集を発案したスタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫氏も同席。「宮崎(駿)の次は庵野しかいない」と太鼓判。海外への発信について庵野監督は「日本は日本語でしか表現できない。英語で作れば日本の技術は世界にもっと広がる。いずれ世界の人と手を組んで作るようになると思う。そうしないと日本のアニメはだめなのでは」と語った。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年8月27日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。