<仁川アジア大会>陰謀や醜聞が続出!ネットでは「生きて帰ってこられさえすれば…」の声―中国メディア

<仁川アジア大会>陰謀や醜聞が続出!ネットでは「生きて帰ってこられさえすれば…」の声―中国メディア
24日、さまざまな問題やトラブルが続発している仁川アジア大会に関して、中国のネットユーザーは、「生きて帰ってこられさえすれば良しとしよう」とつぶやいている。資料写真。(Record China)
2014年9月24日、さまざまな問題やトラブルが続発している仁川アジア大会に関して、中国のネットユーザーは、「生きて帰ってこられさえすれば良しとしよう」とつぶやいている。中国語メディア・九個頭條網が伝えた。

【その他の写真】

韓国・仁川で開催されている第17回アジア競技大会では、韓国や韓国人に関するネガティブなニュースが続々と報道されている。韓国人の仕掛けた“陰謀”や大会運営に関する醜聞は一体どれだけあるのだろうか?

1、これも“韓流”?、選手もびっくり
開会2日目に聖火が10分以上も消えるトラブルが発生し、選手たちを驚かせた。韓国のネットユーザーいわく「韓流の演出ってすごすぎる!」。

2、バドミントンの試合で空調を操作して対戦相手を妨害
バドミントン男子の日本対韓国戦で、第1セットを奪った日本選手は、第2セットを逆風の影響で失った。第3セットはコートチェンジしたにもかかわらず、またしても逆風に悩まされ、結局試合を落としてしまった。日本では「空調を操作した“アウェーの洗礼”に屈した」と報じられた。

3、大音量による妨害
体操競技の会場で、大音量によって中国チーム選手が影響を受けた。

4、大会運営関係者の粗暴な行為
メディア責任者を務める大会関係者が、取材を行う記者に協力的でなかっただけでなく、記者が選手にインタビューしている最中に強制的に中断させ、選手を引き揚げさせた。しかも、その態度が横暴で、英語もレベルが低かった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年9月27日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。