日本人「礼儀正しい」、中国人「騒がしい」、韓国人「プライド強い」―米国人が見る東アジア3国の国民性

日本人「礼儀正しい」、中国人「騒がしい」、韓国人「プライド強い」―米国人が見る東アジア3国の国民性
米ソーシャルメディアで、ネットユーザーたちが日本人、中国人、韓国人の国民性などについて、質問に答える形でさまざまな書き込みをしている。(Record China)
2014年10月11日、米ソーシャルメディアで、ネットユーザーたちが日本人、中国人、韓国人の国民性などについて、質問に答える形でさまざまな書き込みをしている。米国人が太平洋を隔てた東アジア3国 の国民をどう見ているかがうかがえ、興味深い。

【その他の写真】

日本人については「礼儀正しい」が共通の認識。

「基本的に控えめだが、こちらがオープンに接すれば表面上は人懐っこくなる。礼儀作法にうるさい」
「おそらく韓国人や中国人ほどは物質主義ではなく、大抵は礼儀正しい。奇抜だが興味深いファッションセンスを持っていて、外国人にもオープンで人懐っこい。仕事中毒で、サービスは世界一。初めて会う人に対してはシャイである」
「とても礼儀正しくて、生意気なところがなく、相手を敬う人たちだ」

そこからは何事にもつつましやかでおとなしく、あまり自己主張しない日本人像が浮かんでくる。

中国人に関しては、やはり「騒がしい」。

「出たがりで、時々騒がしく、社会的な礼儀に欠けるところがある。おそらく東アジアの中で最も独立精神を持っていて実務的である」
「とても騒々しく、物質主義。強烈な愛国主義であって、もてなしがよく、人懐っこい(相手を嫌いでなければ)、そして忠誠を重んじる」

世界第2位の経済力を背景に、存在感をますます増している中国人。米国人も中国人については、日本人と同じイメージを持っているようだ。

韓国人の印象としては「プライドが強い」「情熱的」などの言葉が並ぶ。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年10月11日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。