中国が実効支配する永暑礁、南沙諸島最大の島に=加速する暗礁埋め立て―中国メディア

中国が実効支配する永暑礁、南沙諸島最大の島に=加速する暗礁埋め立て―中国メディア
20日、新華社は、南シナ海の南沙諸島で中国が実効支配する永暑島(永暑礁、ファイアリー・クロス礁)の面積が拡大され、台湾が実効支配する太平島を抜き、南沙諸島最大の島となったと報じた。資料写真。(Record China)
2014年10月20日、新華社は、中国海南省三沙市永暑島(永暑礁、ファイアリー・クロス礁)の面積が、9月末時点からさらに拡大され、0.9平方キロメートルとなったことが、衛星写真の分析から分かったと報じた。

【その他の写真】

中国が南シナ海の南沙諸島で実効支配する島しょで最大面積となり、また台湾が実効支配する太平島を抜き、南沙諸島最大の島となった。

永暑島は中国が南沙諸島で支配する7つの暗礁の1つで、中国が飛行場建設を計画していると報じられている。

南沙諸島ではベトナム、フィリピン、マレーシア、台湾が飛行場を持つ。中国の軍事専門家は、永暑島からベトナム、フィリピン、マレーシアまでの距離が約500~550キロメートルと、中国の主力戦闘機の戦闘行動半径にあるとした上で、「同島に空軍基地が完成すれば、中国は事実上、南シナ海の制空権を確保できる」と指摘している。(翻訳・編集/NY)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年10月20日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。