中国映画の規制緩和へ、海外映画祭の受賞作を「クオータ制」外で一般公開―台湾

中国映画の規制緩和へ、海外映画祭の受賞作を「クオータ制」外で一般公開―台湾
10日、中国映画に対するクオータ制が導入されている台湾で、今後は海外映画祭の受賞作についてはこの制度外とし、一般公開されることになった。(Record China)
2014年11月10日、中国映画に対するクオータ制が導入されている台湾で、今後は海外映画祭の受賞作についてはこの制度外とし、一般公開されることになった。中国の映画情報サイト・時光網が伝えた。

【その他の写真】

10日、台湾文化部が「電影法」の修正を発表したもの。中国映画について今後、カンヌやベルリンといった欧州3大映画祭をはじめ、米アカデミー賞、さらに台湾最大の映画アワード・金馬奨で最優秀作品賞や監督賞を受賞した場合、台湾での一般公開が認められることになった。

台湾では現在、中国映画に対して厳しい輸入割当規制を敷いており、一般公開できるのは年間10本までとなっている。しかも、ふるいにかけた作品から、さらに抽選で上映作品が選出される。このため、今年の台湾で上映されたのは、「摩登年代」「一生一世」など、中国国内で興行がふるわなかった作品がほとんど。チャン・イーモウ(張芸謀)監督の「帰来」、アン・ホイ(許鞍華)監督の「黄金時代」など、海外でも話題作になった作品はいずれも台湾で公開のチャンスを逃している。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年11月12日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。