「社員の給料を上げろ」「消費税導入前は…」日本の7割の企業が増税延期を希望との報道に、海外ネットユーザーが反応

「社員の給料を上げろ」「消費税導入前は…」日本の7割の企業が増税延期を希望との報道に、海外ネットユーザーが反応
13日、11月のロイター企業調査によると、日本の消費税が10%に引き上げられる環境が整っていないと回答した企業が72%に上ることが報じられ、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。(Record China)
2014年11月13日、11月のロイター企業調査によると、日本の消費税が10%に引き上げられる環境が整っていないと回答した企業が72%に上ることが報じられ、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

【その他の写真】

ロイターは13日、消費税率10%への引き上げが実施できる経済環境にあるかという質問について、72%の企業がまだ実施できる環境ではないと回答したと発表した。製造業からは8%に増税後の消費落ち込みの大きさを指摘する声があるほか、非製造業からは所得の増加が実現していない中、円安による物価上昇が起きていることから、さらなる消費の落ち込みが予想されるといった回答が挙がった。この報道は、日本のニュースを報じる英語のニュースサイトでも報じられており、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

「企業は増税を望まないなら、社員の給料を上げて富を広げなければいけない。企業だけがいい思いをしてはいけない」

「私たち消費者の買い控えが効果を発揮している。超金持ちな人たちから税金を取ればいいんだ」

「日本人や日本在住の外国人の大半は、消費税が8%に上がったことで生活を切りつめている。だが、日本の経済を整理して考えてみると、ほかに実行可能な選択肢はあまりない。つまり、増税はきつい仕事だが、長期的な日本の経済的自由のために誰かがやらなきゃいけない」

「何故いつも、ミクロ経済かマクロ経済からの視点での調査なんだ?どの企業が増税は厳しいと考えていて、どの企業が増税を求めているのか、そしてどんな風に経済成長に影響するのか?過去の増税で人々の生活にどのような影響があったか、社会的な層に分けて調査した結果を見たいし、それによって将来の増税をどう考えているのかも知りたい」

「消費税が導入される前の方が、人生ははるかに楽だった。古き良き時代だった」

「日本の税率はイギリスに比べて相当に低い。もちろん、増税は不人気だろう。だが、税金が人気のある時なんてあるのか?」

「増税はしなければいけないだろう。さもないと、景気はまた低迷する」(翻訳・編集/Yasuda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年11月15日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。