<尖閣問題>答弁書で「日本の立場変更なし」、中国が猛反発―中国メディア

<尖閣問題>答弁書で「日本の立場変更なし」、中国が猛反発―中国メディア
21日、日本政府は閣議で、中国北京市で開かれた日中首脳会談に合わせ、日中両政府が関係改善に向けて4項目で合意した文書について答弁書を決定した。中国メディアは「釣魚島の主権問題に対する重大な挑発だ」としている。資料写真。(Record China)
2014年11月21日、中国新聞社によると、日本政府は同日の閣議で、中国北京市で開かれた日中首脳会談に合わせ、日中両政府が関係改善に向けて4項目で合意した文書について「尖閣諸島(中国名・釣魚島)に関するわが国の立場に変更はない」とする答弁書を決定した。中国メディアは「釣魚島の主権問題に対する重大な挑発だ」としている。

【その他の写真】

答弁書では尖閣諸島について「日中両国の間に解決しなければならない主権問題は存在しない」としている。

中国側は「日本は歴史と事実を正視し、合意した共通の精神に沿い、信頼を守るべきだ。釣魚島問題については発言を慎まなければならない。中国の領土主権を侵害する行為は一切停止すべきである」と強く批判している。(翻訳・編集/AA)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年11月22日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。