東宝、ゴジラ新作を製作へ「ハリウッド版は最悪」「東京やマンハッタンは飽きたから…」―米国ネット

東宝、ゴジラ新作を製作へ「ハリウッド版は最悪」「東京やマンハッタンは飽きたから…」―米国ネット
8日、東宝が映画「ゴジラ」の新作を製作し、2016年に公開予定であることが報じられ、米国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は新宿。(Record China)
2014年12月8日、東宝が映画「ゴジラ」の新作を製作し、2016年に公開予定であることが報じられ、米国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

【その他の写真】

東宝は7日、自社製作によるゴジラを2016年公開予定であると発表した。世界中にファンを持つゴジラ・シリーズは、今年夏にはハリウッド版が公開された。東宝は、2004年の「ゴジラ FINAL WARS」を公開して以来、日本での製作を休止していた。久しぶりの日本版製作の発表に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「東宝が再び製作すると聞いてうれしい」

「ゴジラが東京やマンハッタンの街を踏みつけるのを見るのは、みんなもう飽きてきたと思う。中東のテロリストたちを攻撃するのを見たいんじゃないかな」

「黒澤明と、あと数人の監督以外の日本映画はがらくただ。映画業界ではアメリカが一番だ」

「日本が製作したゴジラ映画は最高だった。子供の頃は見た後に眠るのが怖かったよ!」

「ハリウッド版のゴジラは、今まで見た映画の中で最悪だった」

「ラブストーリーはいらない!ヒューマンドラマもいらない!ゴジラが街を踏みつけながらキングギドラなどの怪獣をやっつけるのが見たい!」

「アメリカには、ほかに、バラクジラ(バラク・オバマ大統領をもじった名前)という怪獣がいるよ」

「人間がゴム製のスーツに入って演じていたオリジナルのゴジラが好きだ。それを復活させてほしい」

「彼女の携帯の着信メロディーに、ゴジラのうなり声で、ガールフレンドの携帯の着信音を作ったよ」

「東宝のゴジラの大ファンだ。誰かが北朝鮮に、ゴジラは映画だと教えてあげた方がいいんじゃないか。そうでないと、彼らはロケット砲を発射してくるよ」(翻訳・編集/Yasuda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年12月9日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。