米紙、衆院選で日本共産党の躍進ぶりに注目「議席数は2倍以上、女性議員の比率が最も高い」

米紙、衆院選で日本共産党の躍進ぶりに注目「議席数は2倍以上、女性議員の比率が最も高い」
17日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは衆院選の結果について、共産党の議席数が2倍になったことを取り上げる記事を掲載した。(Record China)
2014年12月17日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは衆院選の結果について、共産党の議席数が2倍になったことを取り上げる記事を掲載した。

【その他の写真】

ウォール・ストリート・ジャーナルは15日、「日本共産党にとって赤い文字の日になった」と題する記事を掲載し、14日に行われた衆院選で日本共産党が議席数を公示前の8議席から2倍以上の21議席を獲得したと報じている。20議席以上の議席獲得により、議案提案権を得たことで、また、当選者21人のうち6人が女性だったことにも触れ、同党が女性当選者の比率が最も高かったと報じている。

日本共産党のウェブサイトによると、同党は1922年に創立され、中国共産党や旧ソ連の共産党に依存しない独立した党であることも伝えている。また、志位和夫委員長が昨年8月に行われた講演の中で、古めかしく聞こえるかもしれない日本共産党という党名は、ぶれない党であることを表していると語ったことも紹介している。(翻訳・編集/Yasuda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2014年12月18日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。