日本人観光客に悩む韓国警察、紛失を盗難とウソの申告=韓国ネット「そんな日本人もいるの?」「台湾のレストランには…」

日本人観光客に悩む韓国警察、紛失を盗難とウソの申告=韓国ネット「そんな日本人もいるの?」「台湾のレストランには…」
15日、韓国メディアによると、韓国で、日本人観光客が不注意で携帯電話を紛失したにもかかわらず、保険会社から補償を受けるために盗難届を出すケースが相次いでいるという。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の警察。(Record China)
2015年2月15日、韓国・聯合ニュースによると、韓国・ソウルにある南大門警察署明洞派出所では、日本人観光客が自らの不注意で携帯電話を紛失したにもかかわらず、保険会社から補償を受けるために盗難届を出すケースが相次いでいるという。

【その他の写真】

南大門警察署明洞派出所では、外国人観光客による携帯電話の盗難の届け出は、多い時には1日5件にも上るが、そのほとんどがうその届け出だという。本人の過失で携帯電話を紛失した場合は、保険会社から携帯電話価格の1割ほどしか補償を受けることができないが、警察が盗難と認めた場合は、9割ほど補償を受けることができるからだ。

そのため、派出所の前には日本語で「紛失したにもかかわらず、保険会社から損害賠償をもらうため、盗難届を出すことは犯罪です。防犯カメラを確認し、うそであることが判明した場合は、韓国の刑事法により処罰されます」と書かれた貼り紙が貼られている。

警察関係者は「本人が帰国した後にうそだったと判明した場合、処罰が難しい。保険会社が保険料支給の立証手続きを厳しくする以外、解決方法はないだろう」と話している。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「外国でモラルに欠けた行動をするのは韓国人だけかと思っていたら、どこの国も同じなんだね」
「そんな日本人もいるの?」
「韓国人も外国で同じようなことをしているが、本当に恥ずかしい行動だ」

「日本人の味方をするわけではないが、日本人は公衆道徳をちゃんと守る。うその盗難届を出しているのは、ほとんどが中国人なんじゃないかな?」
「紛失した携帯電話を警察が探してあげるということが、そもそもおかしい」

「貼り紙に『盗難届を出したら、事件が解決するまで帰国できない』と書いておけばいい」
「日本人は、日本ではしないことを韓国ではするのか?」
「盗まれた人にも責任はある。全部、紛失として処理すればいい」

「韓国の治安はとてもいい。盗難なんてほとんどないよ」
台湾のレストランには『韓国人による暴力事件が相次いでいるため、韓国人はお断りです』と書いてあった。それと比べたら日本人のうそはかわいいもんだ」(翻訳・編集/堂本)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年2月16日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。