ジョリン・ツァイ、ネットでの暴言に傷ついた過去も=「言葉は鋭い刃物」と指摘―台湾

ジョリン・ツァイ、ネットでの暴言に傷ついた過去も=「言葉は鋭い刃物」と指摘―台湾
27日、台湾の女性歌手ジョリン・ツァイが、話題になっているネットいじめについて自身も悩んだ時があると語った。(Record China)
2015年4月27日、台湾の女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)が、話題になっているネットいじめについて自身も悩んだ時があることを語った。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

台湾の若手女性タレントの楊又穎(シンディー・ヤン)が21日に自ら命を絶った。その主な原因が、ネットユーザーからの批判や罵声だったことが明らかになり、大きな社会問題として連日話題になっている。

27日、台北市でイベントに出席したジョリン・ツァイが、この騒動について語った。ネット上での心無い言葉やネットいじめに悩んでいる人たちに対し、「言葉はとても鋭い刃物と同じ。自分の命を他人の手に渡すようなことは絶対にしないで」とコメントしている。

デビュー16年目のジョリンだが、ネット上から聞こえてくる言葉に悩むことは何度もあったという。ステージでの激しいダンスに加え、ツアーのたびに新体操のリボンや器械体操、ポールダンスなど、さまざまなパフォーマンスに挑戦してきた。過去に音楽アワードで念願の最高賞を受賞した時、「体操選手が賞をもらった」とバッシングされた時は、自信を失うほどに傷ついたと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年4月28日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら