中国を生き延びる外国人タレント(3)「熱狂的中国オタクが高じて」―オーストラリア人歌手・ジャンナン

中国を生き延びる外国人タレント(3)「熱狂的中国オタクが高じて」―オーストラリア人歌手・ジャンナン
21日、映画やドラマの題材が多様化する中国で、外国人タレントの需要が高まっている。しかし、その活動状況はまだ黎明期だ。中国の大手ポータルサイトは、国内で活躍する数少ない外国出身の芸能人を紹介した。第3回は、オーストラリア人歌手・ジャンナン(右端)。(Record China)
2015年5月21日、映画やドラマの題材が多様化する中国で、外国人タレントの需要が徐々に高まっている。しかし、その活動状況はまだまだ黎明期で、多くの人材が苦労を重ねている。中国の大手ポータルサイト・網易(NETEASE)は「中国で活動する外国人タレントの生存報告」との特集を組み、国内で活躍する数少ない外国出身の芸能人について紹介した。第3回は、オーストラリア人歌手・ジャンナン(江南)。

【その他の写真】

「中国各地どこへでも仕事をするために飛んで行った。でも、そのどこもじっくりと見て回ったことはないのが残念」。

幼少時から熱烈な中国文化への憧れを抱いていた少女が、人生で欲しいもののすべてを中国でつかんだ。彼女の夢は3つ。「世界を見たい。ただの観光ではなく、どこかに定住してその地のことを深く知りたい」「舞台に立つ仕事をしたい」「何か意義のあることをする人生にしたい」。前回までに紹介した2人は、何かの巡り合わせで偶然に中国の地を踏んでいるが、彼女は自分自身の意志でこの地にやってきた。

「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、3歳のジャンナンはテレビで見た「西遊記」に心奪われ、海の向こうのミステリアスな中国を夢見て育った。大学でももちろん、中国語を専攻。卒業後はすぐに渡中し、5年後には中国人男性と結婚。「完全なる中国人のお嫁さん」を目指してこの地に骨をうずめる覚悟が固まった。歌手としての下積みを経て、世界五大陸出身の女性5人からなるユニット「五洲辣妹楽団」に加入したのも、ひょんな巡り合わせからだった。そして、中国・フランス・カナダ・ウガンダ出身の女性たちと各地を公演してまわる生活に入った(※注:現在、カナダ人メンバーは脱退)。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年6月3日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら