世界のレアアース需要が減少、中国の影響力が大幅に縮小―海外メディア

世界のレアアース需要が減少、中国の影響力が大幅に縮小―海外メディア
9日、参考消息網は、世界のレアアース市場における中国の影響力が大幅に縮小したと報じた。写真はレアアース採掘現場。(Record China)
2015年7月9日、参考消息網は海外メディアの報道を引用し、世界のレアアース市場における中国の影響力が大幅に縮小したと報じた。

【その他の写真】

米CBSはこのほど放送したレアアースをめぐる番組で、中国が市場を独占しているような取り上げ方をしたが、米誌フォーブスは「このような分析は間違いだ」と指摘する同国の専門家の文章を掲載した。専門家は「中国のレアアース生産量が世界全体に占める比率は数年間で97%から86%に縮小した」と述べ、「中国はかつて自身の市場影響力を試そうとしたが無駄に終わった」と話している。

中国政府が2010年に行ったレアアースの輸出制限で価格は上昇したが、その結果、海外では新たな鉱山を探す動きが広まった。また、レアアースを必要とする企業はこれに代わる材料を見つけ出し、技術力の向上もレアアースの需要量削減につながった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「レアアース価格は過去5年で当初の10分の1に下落。市場規模は170億ドル(約2兆400億円)から10億ドル(約1200億円)前後に縮小した。今年初めに中国は輸出制限を撤廃したが、輸出枠を残したままの状態だった」と報じている。

レアアースの重要性が下がったことで米大手のモリコープは倒産。負債は17億ドル(約2040億円)に上り、レアアース業界の好調を見込んだ投資家にも影響が及んだ。2011年当時、アナリストの間からは「2015年までに世界のレアアース需要は年20万トン以上のペースで伸びていく」との見方が出たが、過去数年の世界の生産量は年11万トン程度だった。独テレビ局はこの状況について「市場に対する過大評価は深刻」と報じている。(翻訳・編集/野谷)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年7月12日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら