砲弾が撃てない自走砲、沈没する水陸両用車…韓国はなぜゴミ兵器ばかりを開発するのか?―韓国紙

砲弾が撃てない自走砲、沈没する水陸両用車…韓国はなぜゴミ兵器ばかりを開発するのか?―韓国紙
31日、環球時報は記事「韓国国産兵器はゴミばかり」を掲載した。韓国国防科学研究所は次々と新兵器を開発してきたが、砲弾を発射できない自走砲、沈没する水陸両用戦車など問題兵器を生み出してきた。資料写真。(Record China)
2015年7月30日、韓国紙・中央日報は韓国国産兵器の問題点を伝えた。中国紙・環球時報が31日、記事「韓国国産兵器はゴミばかり」として紹介している。

【その他の写真】

着水後に目標物を発見できずに失踪する対潜ミサイルKアスロック、延坪島砲撃戦で砲弾が砲身にひっかかって発射できなくなったK9自走砲、エンジンと変速機がかみ合わず動けないK2戦車、水上に浮くはずが沈没してしまったK21戦闘歩兵装甲車、射撃中に爆発したK11複合小銃。

これらはすべて韓国国防科学研究所(ADD)が開発した国産兵器だ。ADDは1970年に朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の肝いりで誕生した。無数の新兵器を開発してきたが、その品質には疑問符がつく。

なぜこれほどの失敗を繰り返しているのか。問題は研究者不足との指摘もある。人口1万人当たりの国防技術研究者数で韓国はわずかに0.5人。米国の4人、中国の3.7人を大きく下回る水準だ。しかも新兵器開発数は増えているのに研究者数は減少傾向、これでは再び失敗兵器を開発したとしても不思議ではない。(翻訳・編集/増田聡太郎)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年8月2日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。