米トルーマン大統領、長崎への原爆投下認めた直後、後悔の念=韓国ネット「反省する米国人は日本人とは違う」「韓国は原爆のおかげで解放された」

米トルーマン大統領、長崎への原爆投下認めた直後、後悔の念=韓国ネット「反省する米国人は日本人とは違う」「韓国は原爆のおかげで解放された」
11日、米国のトルーマン大統領(当時)が1945年8月9日の長崎への原爆投下を承認した直後、これを後悔する心境をつづった書簡が公開された。写真は長崎の平和公園。(Record China)
2015年8月11日、韓国・聯合ニュースによると、米国のトルーマン大統領(当時)が1945年8月9日の長崎への原爆投下を承認した直後、これを後悔する心境をつづった書簡が公開された。

【その他の写真】

米国立公文書管理記録局が10日(現地時間)公開した外交文書によると、トルーマン元大統領は、長崎への原爆投下を認めた後、リチャード・ラッセル上院議員(当時)に宛てた書簡で、「個人的には、一国の指導者の『強情』のために人口全部を滅ぼさねばならない必要性に、間違いなく後悔している」と明かしていた。また、「原爆が絶対的に必要でなければ、使うことはなかった」とし、使用を避けるためにはソ連軍の介入が必要だとの見解を示した。

さらに、「私の目的はできる限り多くの米国人の命を救うこと」としながらも、「日本の女性や子どもに人間的な哀れみを覚えている」ともつづっていた。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「トルーマンが後悔していたとしても、韓国をはじめ中国や東南アジアは原爆のおかげで解放された」
「後悔することじゃなくて、人類を救う行動だった。もし核を投下しなかったら、より多くの犠牲者が出て、戦争も長く続いたはずだ」
「東京にも使うべきだった、という後悔じゃないのか?」

「あの時に10発くらい落としていれば、安倍(首相)をはじめとした子孫を根絶やしにできたのに。韓国の政治家も悪いやつが多いけど、日本人は本当に悪い」
「有史以来、日本が野蛮な国でなかったことはない。今だって文明国のまねをしてるだけだ」
「トルーマンが生きていて、日本人の今のやり方を見ていたら、あのとき日本をつぶさなかったことを後悔したはず」

「米国人は反省するんだね。やっぱり日本人とは違う」
「第2のトルーマンが出て来て、安倍に審判を下してほしい」
「日本人が反省しないのは、やられ足りないからかな?」
「日本は原爆を落とされるだけのことをしたんだ」(翻訳・編集/和氣)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年8月11日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。