日本のAV、中国では立派な「文化」として浸透している―知日派作家は嘆く

日本のAV、中国では立派な「文化」として浸透している―知日派作家は嘆く
8日、中国ではこの数年の間に、日本のアダルトビデオ(AV)が“公に”人気となった。それまでも水面下では人気を誇っていたはずだが、公然と日本のAVが評価されるようになったのは、ある日本人女優の中国進出がきっかけだった。写真は蒼井そら。(Record China)
2015年8月8日、中国ではこの数年の間に、日本のアダルトビデオ(AV)が“公に”人気となった。それまでも水面下では人気を誇っていたはずだが、公然と日本のAVが評価されるようになったのは、ある日本人女優の中国進出がきっかけだった。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

【その他の写真】

今年6月、AV女優としてのデビュー13周年を迎えた蒼井そら。10年に中国での活動をスタートすると瞬く間に人気を呼び、「蒼老師(蒼井先生)」と呼ばれて尊敬の対象にすらなった。現在、中国で最も有名な日本人とも言われる。現地では各種イベントや広告などに出演するほか、11年に中国限定配信のシングル曲を発表し、歌手デビューも果たした。12年にはショートフィルム「第二夢」に主演。14年にもミニドラマに出演している。彼女が中国版ツイッター「微博」に開設した公式アカウントは1600万人近くのフォロワーを抱える。

上記のように、彼女の中国進出は大成功した。これにあやかるかのごとく、波多野結衣、麻生希、滝澤ローラなど多くの人気女優が後に続いている。

「日本のAVはひとつの立派な大衆文化の一形態として中国に浸透してしまった」。日本在住の中国人作家・李長声(リー・チャンション)氏は、こう嘆く。本国の日本では、性文化はあくまで日陰の存在。おおっぴらに語られるべきものではないのに、中国では堂々と文化の一ジャンルに位置づけられたことに違和感を抱いている。「中国人は日本の津々浦々がAVで溢れかえっているかのように思い込み、蒼井そらさんを『先生』とまで呼んでいるが、彼女のことをすべての日本人が知っているわけはない」と話す。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月12日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。