南北会談合意、北朝鮮が韓国軍人負傷に初めて「遺憾の意」=「北朝鮮の謝罪は大変な成果だ!」「もう北をなだめる政策は終わりだ」―韓国ネット

南北会談合意、北朝鮮が韓国軍人負傷に初めて「遺憾の意」=「北朝鮮の謝罪は大変な成果だ!」「もう北をなだめる政策は終わりだ」―韓国ネット
24日、複数の韓国メディアは、「平和の家」で行った40時間以上の協議の末、南北が妥結にこぎつけたことを伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は南北軍事境界線の北朝鮮側。(Record China)
2015年8月24日、複数の韓国メディアは、「平和の家」で行った40時間以上の協議の末、南北が妥結にこぎつけたことを伝えた。

【その他の写真】

南北双方は、「平和の家」で1次会談9時間45分、2次会談33時間25分の計43時間に及ぶ会談を行った。25日未明に発表された南北当局者共同報道文では、「北側は最近、軍事境界線の非武装地帯南側地域で発生した地雷の爆発で南側軍人が負傷したことについて遺憾の意を表明する」とされた。北朝鮮が「遺憾」という表現を使ったのは今回が初めてとなる。韓国政府当局者は「北朝鮮が合意文という公式文書で遺憾を表明しているがこれは異例な事で、北朝鮮が挑発行為を認めたという意味も込められている」と述べた。

長期間の協議が行われた「平和の家」は板門店の韓国側、「自由の家」から130メートルほど離れたところにある3階建ての石造りの建物で、南北会談のために1989年に建てられた。1階には貴賓室と記者室があり、2階には会議室、3階には宴会場がある。協議が長くなると、双方は1階にそれぞれ設けられた貴賓室で休憩を取ることができる。双方の貴賓室には専用の通信回線が接続されており、お互い進行中の交渉内容を上部に報告し、交渉の戦略を立てることも可能だ。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「大変お疲れさまでした」
「北朝鮮が謝罪するというのは体制崩壊を意味する。多大な成果だ」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表
レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年8月25日の中国記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。