南京の世界遺産でマナー違反、若い女性が600年前の石像に登り「自撮り」に夢中―中国

南京の世界遺産でマナー違反、若い女性が600年前の石像に登り「自撮り」に夢中―中国
15日、秋の気配を肌で感じるようになり、中国江蘇省南京市にある世界文化遺産・明孝陵には秋の訪れを探しに多くの人が足を運んでいる。ところが、世界文化遺産の施設内の歴史的な石像に登るなどマナー違反が目撃されている。写真は明孝陵。(Record China)
2015年9月15日、秋の気配を肌で感じるようになり、中国江蘇省南京市にある世界文化遺産・明孝陵には秋の訪れを探しに多くの人が足を運んでいる。ところが、世界文化遺産の施設内の歴史的な石像に登るなどマナー違反が目撃されている。揚子晩報が伝えた。

【その他の写真】

14日午前、同市に住む男性は明孝陵に訪れた際、600年前に作られた石像に若い女性が登っているのを目にした。明孝陵には獅子や象、麒麟(きりん)など6種類12体の石像が設置されており、そのうちの一つに登った若い女性は、石像の上でさまざまなポーズを取り5分間にわたり自撮りに夢中になっていた。

これを目にした男性は、「彼女が登ったのは600年以上前に作られた貴重な文化財だ。自撮りに夢中になっていたようだが、すぐそばに『石像に登らないでください』と書かれた看板が立っていることに気が付いていたのだろうか」と語っている。さらに明孝陵の管理機関職員は、「パトロールを強化しているが、人手が不足している。マナー違反が景観を損なうことを自覚してほしい」と述べている。(翻訳・編集/内山)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年9月16日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。