東京国際映画祭に中華圏から秀作続々、「ぼくの桃色の夢」がコンペ部門に―中国

東京国際映画祭に中華圏から秀作続々、「ぼくの桃色の夢」がコンペ部門に―中国
29日、来月開催の第28回東京国際映画祭への出品作が発表され、中国や台湾から複数の作品が参加することになった。(Record China)
2015年9月29日、来月開催の第28回東京国際映画祭への出品作が発表され、中国や台湾から複数の作品が参加することになった。新浪が伝えた。

【その他の写真】

第28回東京国際映画祭は10月22~31日に開催される。9月29日、ラインナップ発表会が行われ、各部門の出品作が明らかに。コンペティション部門には、「80後(80年代生まれ)」の若者の成長と映画界へ飛び込む姿を描く、ハオ・ジエ監督の中国映画「ぼくの桃色の夢」(我的青春期)が出品される。

アジアの未来部門には、台湾映画「The Kids」(小孩)、香港映画「レイジー・ヘイジー・クレイジー」(同班同学)、中国映画「告別」と「少年バビロン」(少年巴比倫)の4作品が登場する。

ワールド・フォーカス部門には、台湾の人気女優アンバー・クオ(郭采潔)などが出演する巨匠ワン・トン(王童)監督の「風の中の家族」(風中家族)、香港のダンテ・ラム(林超賢)監督の話題作「破風」、中国のシャオ・ヤン(肖洋)監督の「少年班」、今年の上海国際映画祭で話題になった「河」などが出品されている。

東京国際映画祭ではこれまで、女優ファン・ビンビン(范冰冰)や俳優ワン・ジンチュン(王景春)らが最高賞を受賞してきた。中国の役者には幸多い映画祭となっており、今年も期待がかかっている。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年9月30日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら