韓国各地で黄砂、中国から早くも飛来=通常春に観測されるのに!―中国メディア

韓国各地で黄砂、中国から早くも飛来=通常春に観測されるのに!―中国メディア
29日、財経網によると、韓国各地で最近、中国から飛来したとみられる黄砂が観測されている。写真は26日の中国・長春。(Record China)
2015年10月29日、財経網によると、韓国各地で最近、中国から飛来したとみられる黄砂が観測されている。

【その他の写真】

韓国気象庁は27日、全州、光州、木浦など南部を中心に中国からの黄砂が確認された。ソウル首都圏にはまだ到達していないが、大気中の微粒子物質の濃度が上昇している。

朝鮮日報によると、中国内モンゴル自治区で高温、乾燥が続き、韓国に向けて強い風が吹いたことが原因とみられる。黄砂は通常春に観測されることが多いが、専門家は「今後は秋に飛来する可能性が高い」と警戒を呼びかけている。

韓国気象庁環境気象研究科は「ここ数年、秋に黄砂がみられるが、いずれも南部の島しょ部で確認されたのみ。半島への上陸はしていなかった」としている。今後風が強まった場合、首都圏に達する可能性もあるという。(翻訳・編集/大宮)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年10月30日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。