電車止まっても5000人が整然と線路を歩く日本人、中国人の称賛に「当たり前のこと」

電車止まっても5000人が整然と線路を歩く日本人、中国人の称賛に「当たり前のこと」
日本で架線切れのため電車がストップした際、ラッシュ時だったのに乗客5000人が整然と線路を歩いて移動したとのニュースに、日中両国のネットユーザーからは、さまざまな声が寄せられた。写真は線路。(Record China)
2015年11月21日、今月16日朝、神戸市内のJR東海道線で架線が切れ、電車がストップした際、ラッシュ時にもかかわらず約5000人の乗客が整然と線路を歩いて移動したことが中国で反響を呼んでいる。「日本の民度が高いことは変えようがない」などの声に、日本のネットユーザーは「われわれは当たり前のことだと思っている」などと受け流している。

【その他の写真】

香港メディア・鳳凰網は、この事故について「電車が緊急停止し、約15万人の乗客に影響が出たが、電車内にいた約5000人は通勤通学で急いでいたのに、近くの駅まで20分かけて『秩序正しく』線路上を歩いて移動した」と報道。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからは「どんなに反日をしても無駄だ。日本の民度が高いことは変えようがない」「日本は嫌いだけど、この面では日本は確かに秀でている」などの書き込みが相次いだ。

「中国では電車が止まると数分後には窓を割る人が出てくる」として、「物質面では日本に追い付いたが、精神面では50年の差があると感じた」「日本のこの素養の高さを見ると、わが国は追い付くのにあと何千年かかるのだろうと思ってしまう」といった意見もあった。

中国からの称賛に、日本のネットユーザーは「確かにこんなことができるのは日本人だけかもしれないな。われわれは当たり前のことだと思っているけどね」「すでに起きた事で長々文句を言っても何も解決しないから、その時点で出来る最善の行動をする。ただそれだけ」「騒いでも復旧にかかる時間を遅らせるだけという配慮があれば、おのずとそうなるのでは?合理的に行動しているだけだ。衝動的にならずにな」などとコメント。

中国で同様の事態になったら、「パニックだろうな」と指摘。その上で「民度に差があると理解しているなら、直す努力を 少しでもすればいいのに…」「 比較しない方がいいんじゃないか?惨めになるだけだから」などとも反応している。(編集/大隅)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年11月21日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら