韓国KAI、新型戦闘機事業に向け低空飛行衝突防止技術を研究開発―中国メディア

韓国KAI、新型戦闘機事業に向け低空飛行衝突防止技術を研究開発―中国メディア
22日、韓国航空宇宙産業は韓国型戦闘機の低空飛行時に必要となる「自動操縦システム」を開発中だと明らかにした。資料写真。(Record China)
2015年11月22日、韓国航空宇宙産業(KAI)は韓国型戦闘機(KF-X)の低空飛行時に必要となる「自動操縦システム」を開発中だと明らかにした。23日付で中国・環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、「自動操縦システム」とは、戦闘機が低空飛行時に地形を読み取り衝突を防止する技術。韓国空軍が米国から導入した戦闘機KF-16やF-15Kには同システムが搭載されているが、韓国産の訓練機T-50と軽戦闘機FA-50には未搭載だ。

KF-X計画では、2025~28年に空対空攻撃能力を備えた戦闘機を研究開発し(第1段階)、28年以降に空対地、空対海攻撃能力のある戦闘機を研究開発する(第2段階)としている。今回の「自動操縦システム」の試験・測定・評価は第2段階で行われる予定だ。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年11月24日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。