飛行機火災現場で消防隊が凡ミス、被害額24億円と笑い話で済まない結末に―中国

飛行機火災現場で消防隊が凡ミス、被害額24億円と笑い話で済まない結末に―中国
13日、福建省でこのほど、航空機の事故で消防隊が目標を間違えて消火剤をぶっかけるというミスをし、24億円もの損害が発生してしまった。(Record China)
2015年12月13日、北京青年報によると、10日にとんでもない事件が発生した。

【その他の写真】

離陸準備中の中国航空機のエンジンから出火したため、消防車8台が緊急出動。直ちに消火活動を開始した。ところが中国航空機にではなく、その後ろに待機していた福建航空機に消火剤をぶっかけるというありえない凡ミスが発生してしまった。

そして12日、事件の続報が伝えられた。消火剤がエンジン内部にまで入り込んでしまったため、エンジンの換装が必要になったという。B737型機のエンジン2基のお値段は2000万ドル(約24億円)。笑い話では済まない結末となってしまった。(翻訳・編集/増田聡太郎)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年12月14日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。