マレーシア政府が奨励する移住計画、中国人が6785人で最多―中国メディア

マレーシア政府が奨励する移住計画、中国人が6785人で最多―中国メディア
20日、中国新聞網によると、マレーシア観光・文化部は、マレーシアのマレーシア・マイ・セカンド・ホーム計画で同国に移住した2万人余りのうち、中国人が最多の6785人に上っていると発表した。写真はクアラルンプール。(Record China)
2015年12月20日、中国新聞網によると、マレーシア観光・文化部は、マレーシア政府のマレーシア・マイ・セカンド・ホーム計画(MM2H)で同国に移住した2万人余りのうち、中国人が最多の6785人に上っていると発表した。

マレーシアはLiving.Comが選ぶ「セカンドライフを送るのに最も適した国」で、エクアドル、パナマ、メキシコに次いで4位にランクインしている。また、日本人にも人気が高く、2006年から9年連続で「定年後に最も住みたい国」1位に選ばれている。

マレーシア政府は、セカンドライフを過ごす外国人の呼び込みに積極的で、長期ビザが下りれば10年間は出入国が自由にできる。(翻訳・編集/北田)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年12月21日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。