今年メガヒットした中国映画の過半数はパクリ?F・コッポラ監督の人気作も被害か―中国

今年メガヒットした中国映画の過半数はパクリ?F・コッポラ監督の人気作も被害か―中国
22日、今年の中国では国産映画が市場を席巻したが、メガヒット作となった人気映画の過半数に海外作品からのパクリを疑われるという事態が発生した。(Record China)
2015年12月22日、今年の中国では国産映画が市場を席巻したが、メガヒット作となった人気映画の過半数に海外作品からのパクリを疑われるという事態が発生した。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

米国に次いで世界2位の映画市場へと成長した中国。今月初めに発表されたデータによると、今年11カ月間の興行収入だけで初めての400億元(約7470億円)超えを達成した。国産映画が占めるシェアは、12年に輸入映画を逆転したが、今年は59.2%とさらに成長。興収10億元(約187億円)を超えるメガヒット作が「モンスター・ハント(捉妖記)」をはじめ、「ロスト・イン香港」「夏洛特煩悩」「煎餅侠」と4本も誕生した。

大ヒットを記録したこの4本のうち、3本に対して公開後にパクリ疑惑が浮上した。特に大きな話題となったのが「夏洛特煩悩」で、フランシス・コッポラ監督の映画「ペギー・スーの結婚」からの盗作が疑われた。現在の記憶を持ったまま過去に戻り、人生を見つめ直すという筋書きがそっくりだと指摘されている。話題になった当時、同作を担当した2人の監督は「指摘された米映画を見ていない」と疑惑を否定している。

このほか、人気シリーズ最新作となった「ロスト・イン香港」には、米国や香港映画からの盗作疑惑が浮上。これに対して担当した脚本家の1人は、「海外作品を参考にするのは今の中国映画界によくあることで、法律面から見れば盗作とは呼べない」とコメントを発表している。

また、コメディー映画「煎餅侠」は、スティーヴ・マーティン主演の米映画「ビッグムービー」や香港映画「買凶拍人」からのパクリではないかと話題になった。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2015年12月23日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら