在米韓国人団体、慰安婦数を以前の2倍「40万人」と記載=韓国ネット「数は関係ない」「意見をころころ変えていると勘違いされてしまう」

在米韓国人団体、慰安婦数を以前の2倍「40万人」と記載=韓国ネット「数は関係ない」「意見をころころ変えていると勘違いされてしまう」
6日、韓国メディアは、在米韓国人団体が米国の公立高校の授業で旧日本軍慰安婦問題を扱うことを支持するための署名募集サイトを立ち上げたが、慰安婦の数を「40万人」と記載したと批判する日本メディアの報道を伝えた。写真は米ニュージャージー州の慰安婦の碑。(Record China)
2016年1月6日、韓国・ニューシスは、在米韓国人団体が米国の公立高校の授業で旧日本軍慰安婦問題を扱うことを支持するための署名募集サイトを立ち上げたが、慰安婦の数を以前の2倍に達する「40万人」と記載したという日本メディアの報道を伝えた。

カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム(KAFC)はこのほど、慰安婦問題を初めて米国の公立高校の歴史・社会教育課程に盛り込んだカリフォルニア州教育局の改正案を支持する請願書を作成し、署名募集サイトを立ち上げた。請願書は慰安婦について「近代最大の制度化された性奴隷の事例を子供たちに教えることは重要だ」とし、「少なくとも11カ国から最大40万人の女性や子供が犠牲となった」と説明している。これについて、日本メディアは、「同州グレンデール市にある慰安婦像の碑文には20万人以上と記載されているが、これは韓国側の一方的な意見」とした上で、「今回の請願書にはそれよりも多い数字が記載された」と批判している。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「文句を言うなら、日本が正確な資料を提出して!」
「40万人なら申し訳ないと思うが、20万人なら気にしないということ?」

「20万人も決して少ない数字ではない」
「中国の慰安婦は100万人を超えているのでは?」

「20万人でも40万人でもどっちでもいい。一度くらいまともに謝罪してほしい」
「市民団体が戦っているというのに、韓国政府は一体何をしている?」

「40万人?当時の日本軍の数よりも多いのでは?」
「なぜ米国で主張する?時期や場所を間違えると、いくら正しい主張でも不利に働くということを韓国人は知らない」

「今の時期にそのような記事を出すことは日本のためにも韓国のためにもならない」
「表現はできるだけ統一した方がいい。意見をころころ変えていると勘違いされ、信ぴょう性が疑われる可能性がある」(翻訳・編集/堂本)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年1月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。