<書評>アベノミクスの「先兵」日銀を痛烈批判、「大量国債発行と大胆金融緩和という愚かな悪循環」―日銀元局長・磯部朝彦著『私の経済哲学原論』

<書評>アベノミクスの「先兵」日銀を痛烈批判、「大量国債発行と大胆金融緩和という愚かな悪循環」―日銀元局長・磯部朝彦著『私の経済哲学原論』
日銀は「アベノミクス」の先導役として「異次元緩和」や「マイナス金利」などを華々しくぶち上げたものの、先行きに赤信号が点灯。金融政策の政治からの中立性が問われている。かつては日銀にも、通貨価値の安定に向け奮闘したセントラルバンカーが多かった。(Record China)
世界的に通貨の番人、中央銀行の政策の多くが「政治のツール」と化し、本来あるべき「独立性」が揺らいている。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の先導役として「バズーカ異次元緩和」や「マイナス金利」などを華々しくぶち上げたものの、先行きに赤信号が灯っている日銀金融政策も例外ではない。しかしかつては日銀にも、金融の中立性を守り、通貨価値の安定に向け奮闘したセントラルバンカーが多かった。

このほど『私の経済哲学原論』を刊行した磯部朝彦氏もその一人だ。1956年日本銀行入行。国際通貨基金(IMF)に7年間出向(ワシントン、ジュネーブ)後、日銀ロンドン駐在参事(支店長)、本店局長などを経て、日立総合計画研究所社長、金融庁金融再生委員会委員などを歴任した金融のプロである。

◆日銀・IMF時代の逸話満載

この本は磯部氏の日銀とIMFでの豊富な経験をもとに書かれた渾身の書。世界の金融市場を動き回る巨額な短期流動資金への対策も提示されている。実需の貿易取引に必要な資金決済に適用される為替相場とそれ以外の資金取引に適応される為替相場を分離するという大胆な構想である。IMF出向時代の上司であったアルトマンIMF財務局長が考案したIMF特別引き出し権(SDR)の創出に著者が大きく関与した逸話も興味深い。

IMF勤務時代に、地味な統計処理の中から、360円を境にする微妙な円安から円高への振れを発見、数年後のいわゆる“ニクソン・ショック”(1971年8月)につながる歴史的な兆候の発見だったと著者は記している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年3月21日の中国記事

次に読みたい関連記事「行政」のニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。