韓国、就職戦線を勝ち抜いた新入社員の28%が1年以内に退職=韓国ネット「その理由はただ一つ」「ドラマみたいな職場を想像したら駄目」

韓国、就職戦線を勝ち抜いた新入社員の28%が1年以内に退職=韓国ネット「その理由はただ一つ」「ドラマみたいな職場を想像したら駄目」
6日、若者の深刻な就職難が続く韓国で、入社1年以内で退職する新入社員が4人に1人を超える割合であることが分かった。資料写真。(Record China)
2016年6月6日、韓国・ニュース1などによると、若者の深刻な就職難が続く韓国で、入社1年以内で退職する新入社員が4人に1人を超える割合であることが分かった。特に従業員300人未満の企業の早期退職率は、300人以上の企業の3倍にも上っている。

韓国経営者総協会が韓国の306の企業について調査した結果、大卒新入社員の1年以内の退職率は27.7%で、14年の調査結果より2.5ポイント上昇した。従業員300人以上の企業に限ればその比率は11.3%(14年)から9.4%に下がったが、300人未満の企業の退職率が31.6%から32.5%に上昇した。

新入社員の早期退職の最大の原因は「組織・職務への適応の失敗」で全体の49.1%を占めた。次いで「給与・福利厚生への不満」が20%、「勤務地域・勤務環境に対する不満」が15.9%などとなった。

一方、大卒新入社員の業務遂行に対する企業側の満足度はここ数年下がり続けている。全体の平均点が10年には79.0点だったが、12年に77.9点、14年76.2点となり、今年は76.0点だった。この数字も従業員規模により差があり、300人以上の企業では79.8点だったものの、300人未満の企業では74.8点だった。

これについて韓国のネットユーザーの反響は大きく、特に20~30代から多数のコメントが寄せられている。

「会社生活では、業務よりも人間関係から受けるストレスの方が大きい」

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年6月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら