日本の「懲罰的なしつけ」文化、もはや時代遅れか―香港紙

日本の「懲罰的なしつけ」文化、もはや時代遅れか―香港紙
言う事を聞かないからと、両親に森の中に置き去りにされた北海道の田野岡大和君(7)は、行方がわからなくなって7日目の3日午前、北海道鹿部町の自衛隊演習場で無事発見され、日本中がほっと胸をなでおろした。資料写真。(Record China)
言う事を聞かないからと、両親に森の中に置き去りにされた北海道の田野岡大和君(7)は、行方がわからなくなって7日目の3日午前、北海道鹿部町の自衛隊演習場で無事発見され、日本中がほっと胸をなでおろした。香港紙・文匯報が伝えた。

大和君の両親がしつけのためにとった行動と失踪事件に、日本全国から驚きの声が上がった。事件発生後、大和君の父親はメディアの取材に対し、「威厳を示さねばと思い、しつけのために怖い思いをさせようと、大和を車から降ろした。今は大和の無事だけを祈っている」と語った。これについて日本のノンフィクション作家は「かつて日本の親は子供を厳しくしつけていた。私の友人にも、子供の頃に似たような仕打ちや体罰を受けた人がいる。でも今は21世紀だ。日本で今もこのようなしつけが残っていることに驚きを感じる。今でも多くの日本の親が旧式の考え方で子供を罰していることがうかがえる」と述べた。

一方、山中で1週間生き延びた大和君に対しては、その強い意志とたくましい体に敬意を表さざるを得ない。同時に、日本が学校教育、家庭教育において子供の体づくり、忍耐力、環境への適応力を高める教育を重点的に行っていることも称賛すべきだろう。

▽日本の親は道徳教育を重視

第二次大戦後、日本は戦後の廃墟から急速に立ち上がり、経済強国となった。この過程で、教育は欠かせない役割を果たした。中でも伝統文化に基づく日本の家庭教育は、日本の全教育体系の基盤と言える。日本の家庭における子供の教育は、各国からも参考にされてきた。しかし今回の事件により、日本式の家庭教育について反省を促す声も出ている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年6月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら