幼稚園に行かず僻地を徒歩で旅する4歳女児、親の教育方針が論争の的に―中国

幼稚園に行かず僻地を徒歩で旅する4歳女児、親の教育方針が論争の的に―中国
江西省上饒市信州区に住むまだ4歳の女の子ブンブンちゃんは、1歳3カ月を過ぎると、両親に連れられて徒歩旅行に出かけるようになった。(Record China)
江西省上饒市信州区に住むまだ4歳の女の子ブンブンちゃん(仮名)は、1歳3カ月を過ぎると、両親に連れられて徒歩行に出かけるようになった。訪れた地の多くは山岳地帯と国境地域で、屋外を歩ける日であれば、毎日平均15キロメートル、多い日ならば1日30キロメートルの行程を進まなければならなかった。両親は「子供を幼稚園に通わせるつもりはない。小学校に上がるまで徒歩旅行を続けるつもりだ」としている。多くのネットユーザーの間では、彼女をめぐり熱い論議が展開、ブンブンちゃんは「中国で最も幼いバックパッカー」と称せられている。銭江晩報が伝えた。

【その他の写真】

潘土豊さんと妻の袁端さんはともにバックパッカーで、独身時代の2人は徒歩旅行をこよなく愛していた。夫妻の自宅には今もなお、テレビやタブレットPCは見当たらない。夫妻は子供を連れて山岳地帯の貧困地域に好んで出かけ、現地の村民と一緒に寝起きした。父親の潘土豊さんは、「子供の心身の健康には人一倍気を遣ってきた。子供が将来、挫折したときにも、自分自身をしっかりとコントロールできるよう、幼少時から彼女の独立心を養うよう努めてきた」と話した。

一部メディアがこの「バックパッカー女児」に関する記事を取り上げたところ、多くのネットユーザーが次々と関心を抱いた。一部のネットユーザーは、「何万冊の本を読むより、万里の道を歩いた方が子供のためになる」と、このような教育方針が目新しく素晴らしいものだと称賛した。だが、疑問を抱くネットユーザーの方が多かった。彼らは、「子供の見分を広め、身体を鍛えることは悪いことではない。だが、幼い子供に常に成人と同じ運動量を課すことは無意味であり、『過ぎたるは及ばざるが如し』という事態に陥りやすい」との見方を示した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年6月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。