英国、EU残留へ=世界の金融市場落ち着き取り戻す、「円安株高」の流れ鮮明―日本企業安堵

英国、EU残留へ=世界の金融市場落ち着き取り戻す、「円安株高」の流れ鮮明―日本企業安堵
欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票で残留が多数を占めることが確実になった。この問題は、今年の世界経済で最大のリスク要因と言われてきたが、世界の金融市場は落ち着きを取り戻している。資料写真。(Record China)
2016年6月24日、欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票で残留が多数を占めることが確実になった。英国民は伝統的に経済的な現実を直視する傾向もあり、最終的に残留を選択した。

この問題は、今年の世界経済で最大のリスク要因と言われてきたが、世界の金融市場は安心感から、落ち着きを取り戻している。外国為替市場でポンドが買われ、円安・ドル高が進行、一時1ドル=106円台を付けた。世界の株式市場も投票結果を好感して、上昇している。

英国に工場や事業所を保有し、巨額の投資している日本企業は1000社以上に上る。英国を拠点に英国以外のEU(28カ国約5億人)の共通市場に引き続き無関税で輸出ができるため、安堵している。

EU残留を望んだのはイングランドのロンドン周辺や南部の所得の高い人たち。スコットランドも圧倒的に残留だった。一方、イングランド北部地域の所得の低い人たちの多くは離脱を支持。世代間による差異も大きく、英国の欧州共同体(EEC)加盟前に生まれた60歳以上の中高年齢層は離脱、18歳~35歳の若年層は残留を志向した。

キャメロン首相をはじめ政府は、離脱すれば(1)52%がEU向けである英国輸出が減少する、(2)金融街シティーの取引に影響を与える―などの経済的な不利益が生じると主張。国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)など国際機関の見解やオバマ米大統領の残留希望発言まで使って説得工作を行った。サッカーのデビット・ベッカムや人気ロックグループ、ローリング・ストーンのミックジャガーも残留を支持した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年6月24日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。