<英EU離脱>2020年まで“宙ぶらりん”の状態続く?=他の欧州諸国でも離脱派に勢い、仏大統領選前に動けず―朝日・読売元欧州総局長

<英EU離脱>2020年まで“宙ぶらりん”の状態続く?=他の欧州諸国でも離脱派に勢い、仏大統領選前に動けず―朝日・読売元欧州総局長
7日、英国のEU離脱国民投票を取材した梅原季哉朝日新聞編成局長補佐(前欧州総局長=写真右)と鶴原徹也読売新聞編集委員(元欧州総局長)が日本記者クラブで「英離脱とEUの将来」と題して講演した。(Record China)
2016年7月7日、英国のEU離脱国民投票を取材した梅原季哉朝日新聞編成局長補佐(前欧州総局長)と鶴原徹也読売新聞編集委員(元欧州総局長)が日本記者クラブで「英離脱とEUの将来」と題して講演した。両氏とも、大英帝国の伝統から離脱してもそんなに大ごとにはならないという意識を英国民が持っていた、と指摘。英国の離脱時期について、鶴原氏は来年の仏大統領選挙終了後までは交渉が始まらず、「19年ぐらいに関係がどうなるか見えてくる」との見通しを明らかにした。その上で「何もなかったような状態が続けばいいなあと思う人々が英国内にも欧州にも増えている」と述べ、次に英国総選挙が予定される2020年ごろまで“宙ぶらりん”の状態が続く可能性を示唆した。

<梅原氏>
英国の離脱派の「熱量」は明らかに残留派を上回り、「信仰」に近いものがあった。ところが勝利の目標を達成したものの、寄り合い所帯なので、EUとの交渉に際しての考えもなく混乱している。

一方、英国では大英博物館館長がドイツ人、イングランド銀行総裁はカナダ人と、もともと国際化されている。残留派は離脱の経済的なデメリットを強調するだけで、戦術的に甘さもあった。メディアの論調も偏っており、特に離脱派のタブロイド大衆紙は読者の感情に訴える扇情的な内容が目立った。大英帝国はグローバル化の本家という意識が国民の間に強く、かつての栄光へのノスタルジアから「英国を取り戻す」との主張に共鳴した人も多かった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年7月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。