「自虐ネタ」で中国人の笑いを取る異色の日本人女性―中国メディア

「自虐ネタ」で中国人の笑いを取る異色の日本人女性―中国メディア
北京で暮らす外国人が増加している。その多くが、外国語の教師や企業の上級管理職、ビジネスマンなど。そんな中、他の外国人とは少し異なる仕事に就いている日本人がいる。(Record China)
北京で暮らす外国人が増加している。その多くが、外国語の教師や企業の上級管理職、ビジネスマンなど。そんな中、他の外国人とは少し異なる仕事に就いている日本人がいる。新華網が伝えた。(文:于壮)

【その他の写真】

「相声(中国式漫才)」を学ぶ外国人は多いが、中国語を使ってトークショーを行う外国人はほとんどいない。日本人の近松貴子さんは、中国語でトークショーができる数少ない外国人の一人だ。近松さんは一見してすぐに日本人と思わせるようなタイプではない。第一印象はまるで中国の大学生のように見える。綿のシャツを着た姿は清潔で知性ある雰囲気を漂わせている。しかし近松さんが舞台に立つと、日本人のたくましさと精神を感じることができる。

外国人がトークショーを行うには、いくつかの難関をクリアしなければならない。まずは言葉の壁。トークショーには決まったセリフなどなく、聴衆が聞いて全て理解できるように話さなければならない。近松さんの中国語は外国人の中では特にずば抜けてうまいというわけではないが、ステージで話す際の言葉遣いや話すスピードをうまく把握している。聴衆全員にしっかりと聞いてもらうように心がけているので、一部の中国人パフォーマーよりも話す言葉は明瞭だ。

2つ目は文化の壁。トークショーでは一言で聴衆を笑わせなければならない。その一言の裏には豊富な文化的背景を含ませており、聴衆は語り手が何を風刺しているのか、余計な解説を加えなくてもわかりあえるからだ。これは要するに「笑いのツボ」だ。私たちが外国のコメディーを見ても笑いのツボが理解できないように、外国人にとってもまた私たちの笑いのツボを理解するのは難しい。「時には苦労して考え付いた話をしても、全く反応がなかったこともありました」と近松さんも笑いのツボを理解する難しさを痛いほど感じている。「ステージに上がるのはたった1分でも、その裏には10年もの積み重ねがある」と言われているように、近松さんもステージ上で聴衆を爆笑させるネタを考え出すために、度重なる練習と血のにじむような努力を重ねたことだろう。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年7月22日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。