長友に続き本田の所属クラブも!中国資本が伊サッカー名門のインテル、ACミラン相次ぎ買収

長友に続き本田の所属クラブも!中国資本が伊サッカー名門のインテル、ACミラン相次ぎ買収
イタリアサッカー1部リーグ(セリエA)のACミランとインテルが中国資本に相次いで買収された。ACミランにはサッカー日本代表の本田圭佑、インテルには長友佑都が所属。中国はセリエAの名門クラブを相次いで手に入れた。写真はACミラン。(Record China)
2016年8月12日、サッカー日本代表の本田圭佑が所属するイタリアサッカー1部リーグ(セリエA)のACミランが中国資本に買収された。同じく日本代表の長友佑都がプレーするインテルも中国企業の手に渡ったばかり。セリエAの名門クラブを相次いで“爆買い”した中国の勢いが止まらない。

ACミランは1899年創設で、伊北部のミラノをホームタウンとする。欧州のクラブ選手権を争うUEFAチャンピオンズリーグでは過去7回の優勝を経験。スペインのレアル・マドリードの11回に次ぐ歴代2位の優勝回数を誇る。

1986年、後に伊首相となったベルルスコーニ氏がクラブを買収して会長に就任。豊富な資金力で有力選手を大補強して戦力をそろえ、黄金期を築いた。しかし、過去3シーズンはセリエA20チーム中、8位、10位、7位と低迷。2014年1月、クラブ初のアジア国籍選手として加入した本田もやや精彩を欠いている。

中国メディアによると、今月5日、ACミラン買収を正式発表したのは、中国投資グループ・中欧体育投資管理公司。双方の協議ではACミランの価値は7億4000万ユーロ(約840億円)とされ、その中には2億2000万ユーロ(約250億円)の負債も含まれる。

ACミランの株式99.93%の買収価格は5億2000万ユーロ(約590億円)。さらに中欧体育投資管理公司はチーム強化のため、3億5000万ユーロ(約390億円)を投資、うち1億ユーロ(約110億円)分は迅速に投入される。同公司は役員を派遣するが、現会長のベルススコーニ氏が引き続きクラブの名誉会長を務める見込みという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年8月13日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら