韓国の法廷で飛び交う暴言、その主はなんと裁判官=韓国ネット「法廷侮辱罪は裁判官にこそ適用すべき」「勉強ばかりで人格ができてない」

韓国の法廷で飛び交う暴言、その主はなんと裁判官=韓国ネット「法廷侮辱罪は裁判官にこそ適用すべき」「勉強ばかりで人格ができてない」
26日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の法廷で飛び交う暴言が問題になっている。韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。(Record China)
2016年9月26日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の法廷で飛び交う暴言が問題になっている。正義具現の最後の砦とされている司法府の権威と信頼が低下し、訴訟の当事者らは人格的な尊重が得られないなど、悪循環が続いている。

2011年5月、損害賠償請求の訴訟を起こしたAさん(70)は、主たる証拠記録を持って来られなかったという理由で、傍聴客らの前で裁判官から侮辱的な発言を受けた。事件を担当したB裁判官は、「裁判所をなめているのか。何をしているんだ」と怒りをあらわにしたという。これに対して、Aさんが「裁判の進行に異議がある」と反論すると、B裁判官は「異議好きだな。ふざけたことを言うな」とさらに叱責した。国家人権委員会は、該当裁判所の所長に対しB裁判官への注意を勧告した。

25日、国会法制司法委員会所属・共に民主党のクム・テソプ議員が人権委から受け取った資料によると、ここ5年間で最高裁判所や憲法裁判所、各裁判所に対する人権侵害の苦情件数は335件に達している。類型別では、「暴言・悪口」など人格権侵害が89件、裁判所別では、ソウル中央地裁(43件)と最高裁判所(27件)が多かった。クム議員は、「国民の人権を守るべき裁判官の人権侵害は、重い懲戒が処されるべき」と強調している。

一方、被告から侮辱や脅迫を受けた裁判官もいる。最高裁判所の司法年鑑によると、2012年から2014年の3年間、全国の裁判所で毎年平均52.3件同様の事例があった。暴言などで裁判官の審理を妨害したり、裁判の威信を毀損(きそん)したりした場合、裁判所の職権により20日以内の監置処分や100万ウォン(約9万1500円)以下の過料を賦課することができるが、処分の濫用への懸念から、実際の処分は2014年の11件のみと最小限にとどまっている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年10月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。