「私は一生、日本のラーメンが食べられないの?」=残念でならなかった日本旅行―中国人学生

「私は一生、日本のラーメンが食べられないの?」=残念でならなかった日本旅行―中国人学生
中国国内でイスラム教を信仰する人はウイグル族や回族など、合わせて1300万人あまりいるとされている。そんな中の一人である北京郵電大学の王超文さんは、イスラム教徒であるがゆえの日本旅行の悩みについて、作文につづった。写真は豚骨ラーメン。(Record China)
中国で2010年に行われた第6回人口統計によると、中国国内でイスラム教を信仰する人はウイグル族や回族など、合わせて1300万人あまりいるとされている。そんな中の一人である北京郵電大学の王超文さんは、イスラム教徒であるがゆえの日本旅行の悩みについて、作文に次のようにつづった。

【その他の写真】

去年、初めて日本に行ったとき、せっかくなので日本の代表的な食べ物の一つ、ラーメンを食べてみようと思った。あるラーメン屋さんに「すみません、ラーメンには豚肉が入っていますか。イスラム教徒なんですけど」と聞いた。すると、残念なことに、「豚肉は入ってないけど、豚骨を使っています」と言われた。おまけに、そのラーメン屋さんは日本のほとんどのラーメンは豚骨で作られていると教えてくれた。つまり、私は一生、日本のラーメンが食べられないということになる。残念でならない。

2013年12月のNHKの調査結果によると、日本全国に5万人のイスラム教徒がいるそうだ。また、2003年から2010年にかけて、日本に旅行に行くインドネシア人(世界でイスラム教徒が最も多い国)とマレーシア人(イスラム教徒が約60%)の人数は年々急速に増えたそうだ。国際化がますます進んでいる今、来日するイスラム教徒も大幅に増えているので、日本側も彼らの飲食にふさわしいものを提供する一歩を踏み出したほうがよいのではないかと思う。

ところで、中国では蘭州ラーメン(蘭州は中国甘粛省の省都)と呼ばれるものが有名だ。その優れたところは、イスラム教徒が食べられ、また全国どこでもチェーン店があるということだ。56の民族がある中国では、イスラム教徒の人数は多いと言えば日本より多いが、中国の最も人数の多い漢族と比較すれば、それほど多くない。しかも、ほとんどのイスラム教徒は中国の北方地区に住んでいて、南方地区ではほんのわずかだ。だからと言って、南方に旅行する時、あるいはそこに住んでいるイスラム教徒は飲食が不便かというとそうではない。蘭州ラーメンのおかげで、中国のイスラム教徒は食事に悩むことがない。おまけに、イスラム教徒のために、自分の居場所の近くの蘭州ラーメンのお店がどこかを教えてくれるアプリケーションも開発された。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年10月15日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら