なぜか日本映画公開ラッシュの中国、この流れは続くのか?―中国紙

なぜか日本映画公開ラッシュの中国、この流れは続くのか?―中国紙
9日、新京報は、「なぜ今年は日本映画があふれているのか」と題する記事を掲載した。写真は「君の名は。」。(Record China)
2016年12月9日、新京報は、「なぜ今年は日本映画があふれているのか」と題する記事を掲載した。

日中関係の影響もあってか、2011~2015年に中国で上映された日本映画はわずか7本だったが、今年は過去最多の11本が公開されている。内訳は、「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」「BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-」「ビリギャル」「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」「寄生獣」「ドラゴンボールZ 復活のF」「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」「クレヨンしんちゃん爆睡!ユメミーワールド大突撃」「ONE PIECE FILM GOLD」「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」「君の名は。」。

このうち、興行収入が1億元(約16億円)を突破したのは「NARUTO」「ドラえもん」「ONE PIECE」「君の名は。」の4作品で、11作品の合計は9億元(約145億円)を超えている。

日本といえばアニメ映画の印象が強いが、1992年に「となりのトトロ」と「風の谷のナウシカ」が上映されて以降、2007年の「ドラえもん のび太の恐竜」まで15年間に渡って日本のアニメ映画は中国で上映されなかった。その後もいくつかの日本映画が中国で上映されるも、成績はイマイチ。転機となったのは昨年5月公開の「STAND BY ME ドラえもん」だった。中国のドラえもん人気を背景に、興行収入は日本市場を上回る5億3000万元(約85億円)に達した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年12月9日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。